2020年05月22日

コロナ禍における探究学習のとりくみ支援に関して

新型コロナウィルス感染症流行による登校の制限、また3密を避けるためのグループワークの実施制限や分散登校などにより、探究学習が実施できないといった現場からの声を多くうかがっています。

このような状況下においても、生徒たちの学びをとめないため、現在教育と探求社で提供している探究学習プログラム「クエストエデュケーション」における取り組みをご紹介いたします。

■3密を避けた探究学習プログラムのご提案
「3密を避けるためにグループワークを実施できない」との声をうけ、このような状況下においてもグループでの探究学習ができるよう、3密を避けて実施できるプログラムを開発しました。
生徒同士の距離を空けた状態で、クラス全員がその場にいない状態でも、互いの意見を交換し合い、深め合い、探究し続けていくプログラムを提供中です。

■探究学習プログラム「クエストエデュケーション」短縮版のご提供
「カリキュラムが大幅変更となり、総合の時間が全然確保できない」との声をうけ、学校行事の見直しや教科の時間確保がある中でも探究学習を実施できるよう、「クエストエデュケーション」の各プログラムの短縮版の提供をはじめました。
各学校に1名のコーディネーターがつくので、それぞれの学校の「時間数が●コマしかない」、「1回目と2回目の間が大きく空いてしまう」などの現状を丁寧にヒアリングしたうえで、最適な形の探究学習をコーディネートします。

■生徒が自宅でオンライン環境がなくても学べる「個人ワーク版」のご提供
「自宅学習が多く、課題を渡してチェックするしかできない」という状況でも探究学習を進められるよう、「クエストエデュケーション」の各プログラムにおいて、個人ワーク版を開発しました。
プリントの問に沿ってじっくり考える時間を持つ事で、これまで教室で行っていた探究活動とはまた違う価値を生み出すことも可能です。

■探究学習プログラム「クエストエデュケーション」のオンライン対応
「クエストエデュケーション」では提供している各プログラムをオンライン対応しています。教員用のマニュアルもオンラインでの実施にあわせて改訂し、「オンラインで探究学習はハードルが高い・・・」という場合でも安心して実施可能です。
オンラインに対応した教材の提供はもちろん、さらに弊社でこれまで蓄積した、全国の中高生500人以上をつないだオンラインイベントの開催や、オンラインでの遠隔研修、授業実践のノウハウを集結し、はじめての学校でもオンラインでの探究学習をすすめられるよう、オンラインで実施する際のツールの使用方法から、具体的な授業の進め方までコーディネーターがサポートいたします。

■担当コーディネーターによるカリキュラム考案サポート
「従来やっていた探究活動ができなくなってしまった」そんな場合でも、ご安心ください。「クエストエデュケーション」では全ての学校に学校専属の担当コーディネーターを配置しています。
その学校でこれまでやっていたこと、生徒にどうなって欲しいのかなどをヒアリングし、これまで生みだしていた学びと同等以上のカリキュラムを考えるサポートをしています。相談は無料で承りますので、まずはお気軽にお問合せください。

コロナ禍での探究学習やグループワークにお困りの先生方のお力になれれば幸いです。
ぜひお気軽にお問合せください。

▼お問合せはこちら
教育と探求社 学校コミュニケーションチーム<qge@eduq.jp

▼関連記事
各プログラムのオンライン対応、個人ワーク版提供に関するニュース
・社会課題探究コース「ソーシャルチェンジ」個人ワーク版の提供開始(4/20)
・無料体験版「ソーシャルチェンジ・ファースト!」個人ワーク版の提供開始(4/23)
・企業探究コース「コーポレートアクセス」オンライン対応・個人ワーク版の提供開始(4/28)
・進路探究コース「マイストーリー」オンライン対応・個人ワーク版の提供開始(5/1)
・無料体験版「ソーシャルチェンジ・イングリッシュ・ファースト」の提供開始(6/3)
・「3密を避けるグループワークのアイディア」提供開始(6/10)
・進路探究コースに新プログラム「インターン」提供開始(7/6)



© Educa & Quest. All rights reserved.