Quest
news
2012年1月13日

「先生おでんせプロジェクト」-岩手復興支援に協賛

教育と探求社は、去る1月11~13日に開催された、岩手の復興教育支援「先生おでんせプロジェクト」に協賛しました。

このプロジェクトは、小川正人(放送大学教授・中央教育審議会副会長)委員長を中心とする、ボランタリーな実行委員会で運営されており、今回の東日本大震災で被災した学校の先生方を東京にお招きし、研修会や交流を通じて、復興を支援しようという取り組みです。(産経新聞記事はこちら)

「おでんせ」とは「いらっしゃい」の意味。小学校、中学校、高等学校の先生方、指導主事のみなさんら約50名が岩手から参加してくれました。

教育と探求社は、スカパーJSAT、大和ハウス工業とともに、本プロジェクトに協賛し、この研修会の中で、キャリア教育の取り組みを先生方にご紹介すると共に、2012年度の東北エリアでの「クエストエデュケーション」の取り組みを無償にて提供することと致しました。

研修会の最後のご挨拶に立った小川正人実行委員長は、ここまでのプロジェクトの歩みを振り返り、涙で声をつまらせながらも、東北の先生方の労を労い、今後の復興への期待を伝えました。

以下は本プロジェクトに参加されたある先生のコメントです。


  • eduq_logo
  • 会社概要
  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • アクセス
  • お問い合わせ