Quest
news
2013年12月27日

「西日本合同発表会2013」を開催しました!

2013年12月15日(土)、立命館宇治高等学校(京都府)にて「西日本合同発表会2013」を開催しました。今年で3回目となる本大会には、西日本で企業探究コースに取り組む学校の中から4校8チームが集まり、1年間の探究の成果を発表しました。

企業6社から与えられたミッション(課題)に対して、正面から向かってきた生徒たち。「僕たちのチーム名は“Solvers!”つまり解決者たちと言う意味です。プレゼン終了後、みなさんをあっと驚かせてみせます!」その言葉とおり、その企画の内容は実に骨太で、堂々としたプレゼンテーションでした。それ以外にも、テンポのいいコミカルな寸劇で会場の笑いを取るチーム、関西弁のほんわかとした掛け合いの中からダイナミックで本質的な提案をしてくれたチーム、独自の電話調査で企画の裏付けをしっかりと構築しているチーム等、各チームそれぞれが個性溢れるプレゼンテーションを繰り広げてくれました。

プレゼン後には、会場から鋭い質問が発表チームに向けられました。「自分たちはこのように考えたのですが、その点はどう考えますか?」と、特に同じミッションに取り組んだ生徒からの質問は鋭く、本質をつくものばかり。ミッションの捉え方のユニークさや調査方法、パワーポイントの使い方やプレゼンテーションの方法など、お互いの発表からたくさんの事を学びとっている様子でした。そして、企業の方からの厳しくも温かい講評。ビジネスの最前線で働いている方からの生の話しに、生徒たちは真剣に聞き入っていました。

全8チームの発表終了後は、別室に移動して交流会。司会の生徒が、アドリブで進行していきながら、大いに会場を盛り上げてくれました。

「来てよかったなぁと思いました。来てすごく勉強になりました。私たちと同じミッションに取り組んだチームでも、全く考えてなかったことが企画されていて新しい考えが広がりました!他の企業のミッションでも、初めてきくようなことがあって、『なるほどな~』『あったらいいな』と思うことがいっぱいありました」

「他チームの調査力にパワーポイント、発表力に驚いた。全国大会へむけて、今出ないアイディアを付け加えて、より良いものにしていきたいと思った」

この合同発表会は3年前に、ある学校の先生の熱い思いによって始まりました。「生徒たちの学びを学校の中で終わらせたくない。生徒たちは外の出会うことで刺激を受け、成長していく。」 
4時間という短い時間でしたが、生徒たちの表情はすっかり明るくなり、自信・やる気で満ち溢れていました。


  • eduq_logo
  • 会社概要
  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • アクセス
  • お問い合わせ