Quest
news
2013年8月7日

「ミラセン・ティーチャーズミーティング」大阪で開催!!

7月20日「ミラセン(未来を作る1,000人の先生プロジェクト)ティーチャーズミーティング~対話を通してこれからの教育について探求する~」を大阪の常翔学園高等学校にて開催いたしました。

_DSC0098

会の冒頭で、常翔学園高等学校の倉田先生が「勉強とキャリア教育の関係とは?」というテーマが会場にいるみなさんに投げかけられました。
倉田先生ご自身の疑問でもあり、そして社会的にも曖昧な線引がされているこのテーマを1人ではなく、教育に関わる人、関心のある人が協力して考え新たな見解を見出し、何をすべきかを考えていこうと熱く語りました。
そして、会場にいた全員が、今日この日にこの場で起こる何かに期待で胸を膨らませました。

_DSC0102

最初は、「勉強派」と「キャリア教育派」でディベートを行いました。
互いの意見を聴き、矛盾を受け入れていく中で、「勉強」と「キャリア教育」を引き離すことはできないし、そもそもこう考える事自体が何か違うのではないか・・・と、全員が気づき始めます。
この二つがお互いを補完し合ってこそ、子どもたちにより良い「学び」を届けられるのではないかと、この事に気づいてから、会場により一層の一体感がでてきました。

_DSC0346

_DSC0299

そして、盛り上がったところでワールドカフェがスタート!
ディベートで各自気付いたこと、普段から自分が考えていること、想い、同じ志を持つ者同士だからこそ、本音で語り合いました。

_DSC0559

最後に、この場に参加していた常翔学園の生徒が
「これまでは、正直、先生のことあんまり好きじゃなかったんだけど、今日この場に参加して、先生がこんなにも自分たちのことを考えてくれているって知って、先生のことが好きになりました。」
と、少し恥ずかしそうに話してくれました。

_DSC0573

目の前の生徒のことを想い、日々奮闘している先生たち。
日本の教育、学校、先生を支えたいと思う市民たち。
こうして集まり互いの顔を見て、語り合う。それだけでも爆発的なパワーが生まれるのです。
このパワーを改めて実感し、誰もが元気を取り戻し、それぞれの場所で明日から何かを変えることができると確信するティーチャーズミーティングとなりました。

_DSC0131


  • eduq_logo
  • 会社概要
  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • アクセス
  • お問い合わせ