Quest
news
2012年10月16日

「未来×エネルギー プロジェクト」環境教育プログラム実施

先月9月24日(月)、京都市立明親小学校で、小学5年生を対象に体験型の環境教育プログラムを実践しました。

題して「未来×エネルギー プロジェクト」。子どもたちが自分の力で未来のエネルギーを見つけその集め方、使い方までもあわせて提案するというものです。

この企画は、ソフトバンクグループ(*)と教育と探求社が協力し、地球の未来とエネルギーの未来を子どもたちとともに考えていこうという試みです。

「みんなの怒りのエネルギーを集めてワクチンをつくる」
「雷のエネルギーをためて企業に電気を送る」
「CO2をエネルギーに変えてみんなを幸せにする」
など、小学生ならではの斬新な提案がたくさん出されました。

授業の最後に子どもたちから聞かれた、まとめの言葉は以下の通り。

「未来は自分たちの力で変えられる。自分たちが未来の新しいエネルギーを見つけるんだ」
子どもたちの可能性に大いに驚かされた1日でした。

なお、当日の模様は京都新聞、KBS京都(テレビ)他多くのメディアで報じられました。
http://goo.gl/5N9jp (京都新聞 掲載記事)

今後も「未来×エネルギー プロジェクト」の実施校を拡大していきたいと思います。

 

*ソフトバンクグループ(SBエナジー株式会社、株式会社エデュアス)

 


  • eduq_logo
  • 会社概要
  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • アクセス
  • お問い合わせ